お金が貯まるブログ | 節約や貯金などお金が貯まる方法

節約や貯金、貯蓄などお金に関することを取り扱っているブログです。

お金を貯める時に困らないための貯金方法(コツ)のまとめ

貯金方法のまとめ記事

貯金を始める際、どのような方法があるのか知りたくて、インターネットで貯金方法を検索されたはず。
ところが、貯金方法の名前を知らないため、検索に手間がかかったり、何をどう調べたら良いのか分からなかったりしませんでしたか?

「そうなのよ、朝比奈さん。意外だけど『貯金方法のまとめ』ってタイトルの記事は少ないし、不便したわ」

確かに貯金方法のまとめというタイトルの記事は、なかなかありませんよね。
あったとしても思っていた内容のものでないこともあります。

しかし、ご安心ください。

そのような手間や不便を少しでも解決できればと今回は、今まで紹介しました6つの貯金方法のまとめ記事にしました。

 

お金を貯める前に貯金の原理を

「さあ貯金をするぞ!」と決意したものの貯金できない場合があります。
さて、どうして貯金できないのでしょう?
多分、それは貯金という行為を知っていても意味や原理などの基本を知らないからかもしれません。

家事やスポーツが基本を知らないと上手くいきませんよね?
それと同じで貯金も基本をしっかり押さえていないと上手くいかないものです。
今回の記事は貯金方法のまとめですが、まず下記の「貯金とは?貯金の仕方やコツを知る前に意味と原理を学ぼう」で、貯金とは何かを再確認してみては(*1)?

コツコツ小銭を貯める貯金方法

小銭をコツコツ貯める小銭貯金という方法があります。
この小銭貯金には、365日貯金や500円玉貯金などの亜流とも言える方法があり、バラエティ豊かです。
この節では、その小銭を貯める貯金方法をいくつか紹介します。

365日貯金

ゲーム感覚でできる365日貯金。
小銭を貯めるからと言って決して侮れない貯金方法です。
なぜなら1年で66,795円も貯まるから!

しかも使用する貯金シートを工夫すれば、ゲーム性が増して貯金がもっと楽しくなります。
記事タイトルにもしていますが、本当に楽しみながらできる貯金方法です。

500円玉貯金

500円硬貨だけを貯める500円玉貯金。
しかし、この貯金方法を8年間続けて230万円も貯めた有名人がいるとは驚きました!
えっ、その有名人は誰ですって?

ううむ・・・・・・それは某テレビ局の安〇アナウンサーです。

話を戻しますが、記事では500円玉貯金に必要なものや手順だけでなく、注意事項についても触れています。
また小銭を貯める貯金方法では、もっともお金が貯まりやすいので、早くお金を貯めたい方にはお薦めかもしれません。

小銭貯金

毎日コツコツと財布に残った小銭を貯める小銭貯金。
この方法には財布を軽くしたり、財布の型崩れを防いだりするという長所があります。
お気に入りの財布を長く使いたいという方にお薦めの貯金方法です。

なお下記の「お金が貯まる方法。毎日コツコツとお金を貯める小銭貯金!」内では、小銭貯金の概要や必要なものだけでなく、手順と小銭貯金をする際の家計簿の書き方などについても触れています(*2)。
小さな金額から始められる貯金方法なので、貯金初心者の方にお薦めの方法です。

ガッツリお金を貯める貯金方法

こちらの節では、感情や家計をコントロールしてお金を貯める貯金方法を紹介します。
1つ目は、何かにお金を使ったつもりで貯金する方法のつもり貯金。
2つ目は、収入を得たら先に貯金する方法の先取り貯金。

いずれの方法も月あたりの貯金額を多くできる利点があります。
貯金慣れした方や短い期間でお金を貯めたい方にお薦めの貯金方法かもしれません。
1度試してみてはいかがでしょうか?

つもり貯金

何かにお金を使ったつもりで貯金する方法のつもり貯金。
どうやらこの貯金方法には、無駄遣いの抑制や買い物の決断力の向上などの効果もあるようです。
もしも無駄遣いが多いと思われる方は、1度試してみてはいかがでしょうか?

なお、下記の「お金が貯まる方法の紹介。つもり貯金でめざせ100万円!」では、概要と必要な道具だけでなく、つもり貯金を行う際の注意事項についても触れています。
ぜひ参考にしてください。

先取り貯金

収入を得たら先に貯金する方法の先取り貯金。
この貯金方法は、貯金分を差し引いて残ったお金で生活をするため、ついついお金を使い込んでしまう心配もありません。
先述のつもり貯金と同様、無駄遣いでお悩みの方に試していただきたい貯金方法です。

ところで下記の「お金が貯まる方法。銀行を使ってお金を貯める先取り貯金!」では、概要と必要なものだけでなく、手順や先取り貯金をする際の家計簿の書き方についても触れています。
ぜひ参考にしてください。

禁断の貯金方法

世の中には、お金を貯めることが難しい貯金方法があります。
その典型的な例が、残高貯金。
残高貯金とは、月末に財布に残っているお金を翌月に繰越さないで貯める貯金方法です。

そのため、毎月の貯金額が一定ではありませんし、もしも家計が赤字であれば貯金もできません。
残高貯金をする場合、先取り貯金と併用したり、家計の管理能力を身に付けたりする必要があります。
詳しくは下記の「本気お金を貯めるなら、単独でしてはいけない貯金方法!」をお読みくださいませ。

まとめ

インターネットでの検索の手間や不便さを少しでも解決できればと思ったので、今回は6つの貯金方法のまとめ記事にしました。
貯金方法には、コツコツと小銭を貯めるものとまとまった金額を貯める方法に2分することができます。

また、それぞれの貯金方法には長所と短所があり、お金を貯める際には注意が必要です。
例えば、残高貯金のように単独では行わない方が良いように。

なお、今回は貯金方法のまとめ記事ですが、貯金の基本を押さえていただくために「貯金とは?貯金の仕方やコツを知る前に意味と原理を学ぼう」の紹介をしています。
併せてお読みくださいませ。
以上で「お金を貯める時に困らないための貯金方法(コツ)のまとめ」を終わります。

脚注

*1 近々こちらの記事は追記する予定。
*2 現金出納帳を家計簿に使っている場合の書き方です。

関連記事

当ブログでは下記のような記事もございます。
よかったら、お読みくださいませ。