お金が貯まるブログ | 節約や貯金などお金が貯まる方法

節約や貯金、貯蓄などお金に関することを取り扱っているブログです。

節約とは無駄遣いをしないようにすること。意味と効果を理解しよう

節約について書いた記事ですさあ節約するぞ・・・・・・と意気込んだけれど、いったい節約って何だろう?
今回は、節約のお話。

家計の見直しや貯金を決意する際、ワンセットになる節約。
ところが、節約について意外と知らないことが多いなんてことありませんか?

「節約しようと思ったけれど、いったい節約って何だろう?」

確かに節約の意味を考えることなんて、日常ありませんよね。
しかし、その意味を知っていて損はないはず!
そのような訳で、今回は節約について紹介します。

 

節約とは?

節約とは、ずばり無駄遣いをしないようにすることです。
それ以上でもそれ以下でもありません。
類義語には「倹約」や「節減」などがあります。

言葉 意味
節約 無駄遣いを極力なくするように努めること
切り詰める 経費を節約する
倹約 むだを省いて出費をできるだけ少なくすること
節減 数量や経費などを切り詰めること
省く 全体から一部を取り除たり減らしたりすること

節約するもの(節約対象)

節約するものは、家計簿の支出にあたる項目。
支出項目の例は下記のとおりです。

支出 内容
医療費 病院の診察代や薬代など
衛生費 洗顔や入浴用品、バストイレ用品など
教育費 学校や塾の授業料、教材費など
交際費 冠婚葬祭やプレゼントにかかる費用
小遣い ちょっとした買い物や娯楽にあてる金銭
住居費 家賃や共益費など
車両費 ガソリン代や車検など自動車の維持費
食費 食料や外食など
水道光熱費 ガス代や水道代、電気代のこと
通信費 電話料金や郵便の送料など。
特別費 家電や自動車などの購入にかかる金銭のこと
被服費 衣類や靴などの支出

でも過度な節約は・・・・・・

節約により無駄遣いがなくなると、月々の支出額が一定になるため、貯金額も固定化します。
それ以上の貯金額を増やすためには、収入を増やす必要があり、過度な節約をしても効果はありません。

また、過度な節約により不健康になったり、ストレスで浪費をしたりするなど不利益を被るおそれがあります。
もしかすると効果を把握して節約を行うことが、何よりも大切な節約術なのかもしれません。 

まとめ

このように今回は節約を採り上げてみました。
節約とは無駄遣いをしないようにすることですが、それにより無駄遣いがなくなると、月々の支出額が一定になり貯金額も固定化します。

それ以上の貯金額を増やすためには、収入を増やす必要があり、過度な節約をしても効果はありません。

また、過度な節約により不健康になったり、ストレスで浪費をしたりするなど不利益を被るおそれがあるので、気をつけた方が良さそうです。

以上で「節約とは無駄遣いをしないようにすること。意味と効果を理解しよう!」を終わります。

関連記事

当ブログでは下記のような記事もございます。
よかったら、お読みくださいませ。